加齢臭を予防する食事は和食がおすすめ 効果のある食材5選

加齢臭とは
その名のとおり加齢による体臭を指します。においの質はロウやチーズの匂いに近いと表現されることが多いようです。ですが、タバコや汗の匂いも交じるため一概にはいえないようです。気になる方は身近な家族などに確かめてみてはいかがでしょうか。

 

加齢臭の原因
やはり原因の多くは加齢による体質の変化が大きく影響しているようです。およそ40代以降になると、皮脂腺から分泌される成分が酸化しやすくなり脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加するため、さらにノネナールという物質を生み出します。この成分は若い世代からほとんど出てくることはなく、これが匂いを発生させる原因であるとされています。食事やストレスもノネナールを分泌する原因にもなっているようです。

 

加齢臭予防には
臭いの予防には食事や生活習慣も合わせて見直すことも重要になります。まずは食事ですが、肉中心の食事より野菜中心とする方が匂い抑制につながるようです。肉には脂質成分が含まれていますが、脂質を多く摂取し過ぎると皮脂成分の分泌量が増えてしまいます。当然においの原因を作ることとなり、結果、匂いの発生を促してしまいます。よって肉食は控えめとすることが望ましいようです。また、喫煙される方はタバコも皮脂成分の分泌を促す原因になるようなので、併せて控えることが予防効果としてはより良いとされています。では、どのような食事が効果的なのでしょうか。

 

加齢臭予防に効果のある食事は
野菜中心の資質を抑えた食事が望ましいようです。明確に説明すると日本食がオススメとされています。理由は西洋食よりも脂質が少なく、また、抗酸化作用のある食材が多く使われていることも要因の一つです。いくつかその食材を上げてみましょう。

 

加齢臭を抑える食材は
・大豆
・魚卵類
・緑茶
・ほうれん草
・梅干し

 

加齢臭対策には
生活習慣を見直し、健康面に配慮しながら栄養過多とならないよう、バランスの良い食生活が必要なようです。