汗の原因2種類をどのように解決していくか?

汗の臭いは、自分にとっても他人にとっても不快なものです。
したがって汗の臭いを抑えるための工夫が必要となります。

 

まず汗の種類についてお話ます。

 

汗の出る場所は人間の身体には2種類あります。

 

1つ目がワキの下や性器の近くに分布するアポクリン腺から出るもので2つ目が全身に万遍なく分布しているエクリン腺から出るものです。

 

どちらも汗であることに変わりありませんが、汗の臭いには大きな違いがあります。

 

特に臭いが不愉快になるのは、アポクリン腺から出た汗に菌が繁殖したものと、エクリン腺から出た汗が服に染みこんでそこで菌が汗を分解して臭くなる場合の2通りがあります。

 

したがって2通りの対策がする必要があるのです。

 

まず緊張した時に分泌されることの多い、ワキの下の汗についての対策です。

 

ワキの下で菌が増えやすい理由の1つにワキ毛の存在があります。

 

ですのでワキ毛を剃ってしまうことで、ワキの下の悪臭をある程度防ぐことができるでしょう。

 

他にも制汗スプレーを使ったり、制汗用のスティックを塗るタイプの商品も市販されています。

 

こういった商品は一時的でですが、臭いを抑えることができますので汗のかきやすい夏場は持ち歩くことをオススメします。これらの商品は時間が経つと効果が半減しますのでこまめに塗り直すことが大切です。

 

ワキガの人は手術するという方法もありますが、術後トラブルも多いので
よくよく調べてから検討したほうが良いです。

 

また服についた汗を栄養とする菌の増殖についての対策ですが、重曹につけるという方法が有効です。

 

重曹は100円ショップなどでも売っている安価な商品ですので簡単に入手することができます。

 

この重曹をぬるま湯に混ぜ、服をその中に放り込んで一定時間漬け込んでおきます。重曹はアルカリ性ですので、汗の臭いの元となる酸性の成分を中和してくれるという働きがあるのです。

 

このように汗の原因には2種類あり、それぞれ対策が異なりますので原因に応じた処置をするよう心がけましょう。