自宅で手軽にできるわきが対策

わきがは、わきにあるアポクリン汗腺から分泌される汗に、皮脂や雑菌などが混ざることで発生します。

 

したがってわきがを解消するためには、アポクリン汗腺を除去してしまうことが最も効果的です。

 

そのための手術は、美容外科などでおこなわれています。しかし、アポクリン汗腺の除去は、皮膚を切開した上でおこなわれるので、わきには当然傷跡が残ってしまいます。

 

そのためそれに抵抗のある人は、消臭スプレーや消臭石鹸などを使用して、わきが対策をおこなっています。ところがこれらの場合、消臭効果は非常に高いのですが、時間が経過すると、徐々に効果が薄れてきます。
つまり消臭スプレーや消臭石鹸では、わきがを根本的に解消することは困難ということです。

 

そこで、自宅で簡単におこなうことができ、なおかつ効果が長時間持続するわきが対策を紹介します。

 

わきがの原因は、アポクリン汗腺からの汗が皮脂や雑菌と混ざることですから、対策としては、皮脂や雑菌を除去することがかなり有効です。それだけで、不快な匂いをかなり減らすことができます。
具体的には、脂質が多く含まれている食事を控えたり、脂質を分解する酵素を多く摂取したりするのです。そして雑菌の繁殖を抑えるために、リンゴやレモンの果汁を積極的に飲みます。これらには、殺菌作用のあるクエン酸が多く含まれているのです。

 

また、リンゴやレモンの果汁をわきに直接塗り込むことも有効です。コットンにこれらをしみ込ませて、それでわきをぬぐうと、クエン酸は肌に吸収されますし、汗や皮脂はコットンに吸収されます。わきがの原因の汗と皮脂と雑菌の全てを除去できるので、効果が長時間持続するわけです。

 

さらに、リンゴやレモンの果汁を湯船のお湯に混ぜ込んでから入浴することも、とても効果的です。アポクリン汗腺は、わきだけでなく乳房や陰部にもあるのですが、クエン酸入りの湯船につかることで、それらの部位からも不快な匂いが除去されます。リンゴやレモンがない場合には、料理用の酢を使用しても良いです。

 

こういった簡単な対策で、不快な匂いを長時間防ぐことができますし、そもそも不快な匂いが発生しにくい体になっていくのです。